経尿道的尿管結石破砕術(TUL)とは

経尿道的尿管結石破砕術 尿管鏡

 

経尿道的尿管結石破砕術は右記のような全長50cm程度の内視鏡を尿管内に挿入して直接結石を確認しながら

破砕を行う治療です。体の奥まで手術器具が挿入されるため、腰椎麻酔などの麻酔が必ず必要です。

 

この治療が適応になる場合は以下のような場合が考えられます。

  • レントゲンで見えない結石のため、体外衝撃波による治療ができない。
  • 体外衝撃波治療を繰り返したが破砕効果が不良であった。
経尿道的尿管結石破砕術 レントゲン

 

 まず腰椎麻酔を施行し、腰のあたりまで痛みが生じない状態とします。

 

右図のように、尿管内まで内視鏡を挿入し、手術を行います。