レントゲン検査で判断しづらい結石

 レントゲン検査ではある程度の大きさの結石の診断は容易ですが、結石の成分による影の薄い結石や小さな結石、骨や腸のガスに重なる結石は診断が困難です。診断が難しい場合には多くの場合でCT検査を行うことで判断が可能です。(腎盂・尿管の拡張=水腎症がない場合にはCTでも骨盤内の結石の判断は難しいことがあります。)

尿路結石のレントゲンの写りやすさ
リン酸カルシウム      非常に濃く写る        
シュウ酸カルシウム 濃く写る
リン酸マグネシウムアンモニウム  少し薄く写る
シスチン  淡く写る 
尿酸  写りにくい
キサンチン 写らない

同じ患者のレントゲンとCT画像です。

レントゲン検査では結石がわかりませんが、CT検査では確定診断が容易です。

 

伊藤晴夫先生 監修『新しい尿路結石症の診断・治療』より