尿路結石の成分

 

 上部尿路結石(腎結石・尿管結石)の結石成分は男性、女性ともカルシウムを含む結石が大半を占めます。

一方、下部尿路結石(膀胱結石など)は男性でカルシウム含有結石70%を占め、女性では感染結石が約半数を占めます。

 薬によって溶かすことのできる結石の代表は「尿酸結石」と「シスチン結石」で、男性の約6%、女性の約4%の患者さんのみ適応となります。男女とも90%以上の結石がカルシウムを含む結石で、この場合には薬による溶かす治療は適応になりません。

 結石の成分は排石した結石自体を「成分分析」に提出すると診断できます。

 

上部尿路結石(腎結石、尿管結石の結石成分) 2005年報告

 

 

 

           男          

女                      溶解療法      
カルシウム含有結石 (シュウ酸Ca リン酸Ca) 92.1% 90.3% ×
感染結石(リン酸マグネシウムアンモニウム) 1.4% 5.1% ×
尿酸結石 5.5% 2.2%
シスチン結石 0.7% 1.6%
その他 0.3% 0.7% ×

              日本泌尿器科学会 監修『尿路結石症ガイドライン2013年版』より引用、改変